DHCメリロート 口コミ

むくみに効くDHCのメリロートってどんなサプリ?

DHCメリロート

 

ドラッグストアなどでの店頭でも購入でき、お値段も手頃で続けやすいことで人気の「DHCメリロート」。

 

このコーナーではメリロートについてまとめてあります。

 

メリロートの主成分

 

「メリロート」の主成分は、マメ科の植物メリロートです。
英名はスィート・クローバー、和名はセイヨウエビラハギと言います。

 

メリロートは、アジアからヨーロッパに生えているハーブの一種で昔からお料理などのスパイスとして、また頭痛やむくみなどを解消する植物として重宝されてきました。

 

メリロートの有効成分は、静脈やリンパの流れを改善し、下肢などの浮腫をとる作用をもつと言われています。
また、メリロート以外の成分は以下のとおりになります。

 

メリロート1日2粒総重量910mg(内容量600mg)あたりメリロートエキス末(クマリン5%)200mg、ジャワティーエキス末20mg、イチョウ葉エキス末(フラボノイド24%、テルペンラクトン類6%)20mg、トウガラシ抽出物2mg 
【主要原材料】 メリロートエキス末、ジャワティーエキス末、イチョウ葉エキス末、トウガラシ抽出物 
【調整剤等】 オリーブ油、ミツロウ、グリセリン脂肪酸エステル
【被包剤】 ゼラチン、グリセリン

 

メリロートの有効成分

 

メリロートを原料とするサプリメント「メリロート」。「メリロート」に含まれている有効成分は以下になります。

 

  • クマリン誘導体
  •   -  抗凝固作用
  • フラボノイド類(ケルセチンなど)
  •   -  抗酸化作用
  • トリテルペン類(サポニンなど)

 

メリロートは、これらの成分が共同して働き、炎症を抑制し、体液成分の浸出による病態を改善します。

 

メリロートの副作用

メリロートを過剰に摂取した場合に起きる副作用は、肝機能障害があります。

 

ただし、メリロートをサプリメントなどで摂取する場合、容量や用法をきちんと守って適量を摂取していればほとんどの場合副作用はありません。

 

しかし、体質などで少量の成分を摂取しただけでも副作用的反応がある方も稀にいます。

 

また、メリロートの容量を守っていても、他のサプリメントと併用していたり、常用しているお薬などがある場合はこれに当てはまらず、飲んでいるすべてを合わせた成分量が一日の摂取許容量を越えてしまったりします。

 

お薬を処方されている人がメリロートを飲む場合は、お医者さんに相談してから飲むようにしましょう。

 

 

 

メリロートの口コミ

  • 夕方のむくみが酷いときに服用しました。次の日の朝、汗びっしょりで起床しトイレも頻繁に行くように!
  • お腹弱い方なんですが飲んでも何もなかった
  • 2ヶ月飲んでいるけど、正直効いているのかわからないです。
  • ドラッグストアで安い時にまとめ買いしています
  • 立ち仕事の時はこれを飲むとスッキリしていたのに、デスクワークの座り仕事になったら余計むくむ
  • 私には他社のサプリの方が効いて、メリロートは効きませんでした。
  • 生理のときの猛烈な脚のむくみを回避
  • 独特のハーブ臭が口の中から消えず気持ち悪くなる

 

TOPに戻る