薬局で買える市販薬アンチスタックスは赤ぶどう葉

薬局で買える市販のむくみ薬「アンチスタックス」

現在CMでも流れていますが、日本で認可されている市販のむくみ薬はアンチスタックスのみになります。

 

「飲む、足のむくみ改善薬」というキャッチコピーで見かけますね。

 

アンチスタックス

 

アンチスタックスは、シーリング作用とよばれる細胞間の結合を密着させて、健康な状態に近づけます。血小板凝集抑制作用があることから、滞りがちだった血流のめぐりに働きかけて血流を改善して、炎症によるむくみの軽減作用もあることから、足のむくみが抑制されると考えられているようです。

 

このアンチスタックスは、赤ブドウ葉から抽出された西洋ハーブ医薬品です。天然成分を有効成分とする医薬品は漢方薬などでよく見られますが、西洋ハーブはとてもめずらしいです。

 

赤ぶどう葉にはポリフェノールがとてもたくさん含まれています。そのため、赤ぶどう葉は西洋では35万年も前から使われていたそうです。

 

その後、地中海各地に広がりあちこちで重宝されました。医薬品として用いられるようになったのは、ローマ時代からということですので、医薬品としてとても古くから使われていたようです。

 

そして、その後ワイン農家が足の不調を訴えないのはなぜなのか研究がなされるようになり、アンチスタックスに使われている赤ブドウ葉乾燥エキスは科学的研究結果から医薬品と認められているのです。

赤ぶどう葉エキスの含まれているサプリメント

アンチスタックスの購入は、薬剤師による対面販売が義務づけられています。むくみの症状などを相談してからの購入ですね。そのため、薬剤師不在の時間帯などは買えないので、薬剤師さんがいる時間を電話などで問い合わせてから買いに行くのが二度手間になりません。

 

また、最初は面倒な医薬品に頼らずに赤ぶどう葉の成分が含まれているサプリメントを試したい方も多いですよね。

 

医薬品より赤ぶどう葉成分の含有量は控えめですが、サプリメントだと赤ぶどう葉以外にもむくみに必要なビタミンやミネラルを摂ることができます。

 

特に、最近発売された「しょうがでキュッと」などは、赤ぶどう葉成分を180mgも含んでいる上に冷え性を解消してくれるショウガオールをふんだんに配合しているので、むくみと冷え性の両方を一度にサポートしてくれます。

 

赤ぶどう葉入りサプリメント>

 

はじめからお薬に頼るのはちょっと・・・と思う方は、するるのおめぐ実などの赤ぶどう葉成分入りサプリメントをチェックしてみてください。

TOPに戻る